Member


 

1年目

トマホーク(高橋 一生)

ハング・神戸大学工学部

初めて参加した時に着ていたTシャツがトマト柄だったことからトマトとなり、今では見事トマホークへと進化を遂げた日進月歩のフライヤー。

とても明るくいろんな人に元気よくからんでいくバイタリティーの持ち主。

ひかりん先輩へは並々ならぬ信仰心を持っており、ひかりん先輩について尋ねれば、その素晴らしさを延々と語ってくれる。

 30年度初飛び同率首位!

アムロ(神田 怜)

ハング・大阪大学基礎工学部

連邦軍に所属しており、赤い機体の操縦者と因縁を持つ

...わけではないが、自由な大空に魅せられたその気持ちは負けていない。

冷静に鋭い視線で物事を観察し、的確な判断を下す頼れる司令塔のような存在。

空気を読んで円滑に問題解決できるため、親父にもぶたれたことないとか...あるとか...

 

アムロ、行きまーす!

 

ケイスケ ホンダ(本田 旭)

ハング・大阪大学経済学部

名字が決め手となって名付けられた決め手となって名付けられた渾名だが、その名に恥じない高スペックなフィジカル力を見せつけ、圧倒的なセンスでハングも上達させた逸材。

普段はとっても穏やかで雰囲気を和ませることも自在。それ故か同期生が暴走しそうなときに歯止めとなってくれる保護者的存在。

30年度初飛び同率首位!

2年目

ひかりん(松永 大輝)<部長>

ハング・大阪大学工学部

29年度初飛びNo.1! 元水泳部で運動神経抜群の彼は、えのさんに並ぶ驚異的な早さで霊石山から飛び立ち、さっさとプローンハーネスに乗り換え、九州の耳納山では2時間以上も飛び続けたという恐ろしいやつである。

「とにかくいいこである👍」との定評があり、一個上の一部ポンコツ組(?)も見習いたいものである。気がつくとひっそりと笑っている。

おが(小川 晃輔)<車係>

ハング・大阪大学工学部

おしゃべり好きな元陸上部の爽やかな青年。たまに笑顔でさりげなく鋭いツッコミを入れるのも彼である。

某元プロ野球選手に似ているという説もあり、一時期はあだ名がひちょりだった事も。

とにかく強そうな配色のニューグライダーを乗りこなしてくれるであろう。

ジャクソン(上前 優)<HP係>

ハング・大阪市立大学理学部

This is itのあの人と同じ誕生日という理由から安直なあだ名をつけられてしまったジャクソン。小さい頃から空を飛ぶのが夢だったという彼は、今でも時折少年のような一面を見せてくれる。笑顔が素敵。

「変わらない吸引力を持つ、ただ一つのジャクソン」らしいので重宝したい。

うじ(氏家 魁斗)<連絡係>

ハング・神戸大学工学部

神大の爽やかイケメンお兄さん。中、高とサッカー少年だった彼は大学で空を飛ぶことに決めたようだ。体験飛行をすっ飛ばして入部してくれたハングガチ勢である。

本人曰く、とにかく後輩が欲しいそうなのでアクティブでイケメンな先輩が欲しいという人はぜひp.f.c.へ!

(一説によるとかなりの美脚の持ち主)

じゅん(北方 純樹)<連絡係> 

ハング・神戸大学工学部

神大の爽やかイケメンお兄さんwithメガネ。かなりのコミュ力の持ち主。

どこかチャラそうな見た目に反して「真面目でふわふわかつマイペース」。これがギャップ萌えというやつである。

その長身を生かして上空でも活躍してくれると期待しよう◎

みね(富岡 美音)<会計>

パラ・大阪大学理学部

久々に現れてくれた貴重なパラっこ女子である。そして何よりp.f.c.には珍しい女子力(!)と恐るべき体力を兼ね備えたしっかり者のみねちゃんである。

人一倍のやる気と行動力でテニスとパラを両立させているザ・有能。

真夏の砂丘で「もう少し練習します!😊」という彼女の笑顔はとても眩しい。

あずあず(東 貴允)<会計>

パラ・大阪大学理学部

苗字の読み間違えがあまりにも多いためこのあだ名が定着してしまったというあずあずくん。メガネがよく似合うインテリボーイ。

多忙なためスロースターターだったものの、夏の砂丘合宿でみるみる上達したポテンシャルの持ち主。そのうちパラグライダーなしでも上昇気流を乗りこなしてしまいそうである🦅

3年目

フジペイ(藤尾駿平)

ハング・大阪大学工学部

 

山口が生んだ爽やかハンサムボーイ。ハンサムな割に同期をイジり散らすので、同期、そして、後輩は要注意。
爽やかすぎる容姿ゆえ、フジペイが走ればその後ろにキラキラ☆が出る。それゆえ、彼を直視するときは、サングラスが必須。つまりは、『NOグラサン NOフジペイ』である!

 

きんご

ハング・大阪大学文学部

 

見た目は少女、中身も少女な文学少女。文学部に入るだけのことあって豊かな感性を持っており、日々小説を読みまくっているとかいないとか......聞いてくれたらおすすめの小説教えちゃうぞっ♡

 

ジョー(本條 直)

パラ・大阪大学工学部

 

うどん王国生まれのお喋りモンスター。ダシの効いた方言に、コシのある性格、まさに身体の内からうどん化が進んでいる。
しかしながら鳥取では、うどんより食パンに浮気しがち。浮気現場を目撃しても、決してうどん王国には密告しないでほしい……
28
年度パラ初トビ第1号っ(^^

 

もりぞぉ~(森田 誉)

ハング・大阪大学工学部

 

バヤリース星からやって来たイケメン風ハング王子。イケメン風であるだけでなく、時にバヤリースのリンゴジュースを抱きかかえ、可愛さをアピールしてくる。イケメン風であるが故に、皆からイジられがちである。しかし、やるときはやる男………いや、やるときはやるバヤリース星人である!

 

まりこ様

ハング・大阪大学理学部

 

 明太子の国からやってきた生粋の博多っこ。ハングの実力もさることながら、入部早々にPFCの女王の座に君臨。うわさによるとPFCで彼女に逆らえる人は誰一人いないとか………
博多弁で叱られたいと思っているそこの君っ!入部してみるのはどうですか??
28
年度ハング初トビ第1(^^

  

中ボス(梅田 直希)

パラ・大阪大学基礎工学部

 

神戸育ちのインテリボーイ。細身な体格ゆえラスボス感はないが、どこか漂う邪悪なオーラに中ボスと呼ばれるようになった。ボスでありながらインテリジェンスな一面もあり、かなり頼りになる存在。いつかラスボスに生まれ変わることを夢みているが、そんな日は来るのだろうか……

 


4年目

のりろ(川口 紗奈)

ハング・大阪大学工学部

 
 見ためはのりろ、中身はのりすけ、とにかく明るいムードメーカー!!

 異常なほど明るい元部長であるが、かつては『まっちょ2』の異名を持っていた。そして見事名誉挽回(?)して『わんぱくまっちょ』に進化した。たまに夜更かしして心配になるほど静かな日があるが、基本はよく笑い、よく走る、典型的なわんぱく小僧だ!

 

たいやき(佐藤 太一)

ハング・大阪大学人間科学部

 

優しい雰囲気が特徴のハング3年目な4回生。
たまに見せる少年のようなリアクションは場を和ませてくれる。
普段はゴロゴロしたり、ぶらぶらしたりしてゆるゆる生活している。

 

とぐち(戸口 創太)

ハング・大阪大学基礎工学部

 

間違えやすい苗字ゆえ、ちょっとした煽りが原因でそれがあだ名に....(笑)
本人公認でイジメとかではない。
 
たまに見せる笑顔、見ようによってはイケメンなのかもしれない()

 

ほっしゃん

パラ・神戸大学工学部

 

6月末に入部して9月から練習に来はじめたのに11月には初飛びを果たしたMr.スロースターター。
その気になれば知らないうちにやってのける潜在能力を見せる。
最初から本気出しとけばよかったね(笑)

 

とりー

ハング・立命館大学理工学部

京都の某団体から移籍してきたためp.f.c.歴は浅い。もちろんポンコツ歴も浅く、桁違いの対人スキルを発揮する。圧倒的ゼフ○ール力を誇っていたが、この頃ポンコツに毒されてきているのではという声も。

三年目のうちにP証を取得した実力の持ち主でもある。このためあだ名にPが付け加えられ、しま○ろうの友人になってしまった事もある。

 

5年目

えのちゃん(榎崎 凌伍)

ハング・大阪大学基礎工学部

 

 困ったときは助けてくれるみんな大好きカツ丼マン!2回生から入部しサークル史上最速で山飛びしたナイスガイ系ハンサムガイ。大のカツ丼好きで、晩ご飯を決める時には必ずカツ丼を推してくるとんだカツ丼野郎でもある。見た目も中身も超マイルドなので、その笑顔にはバタコさんもメロメロだーー( ♡0♡)

 

DIEGO(大久保 泰人)

ハング・大阪大学人間科学部

 

ハングの爽やかボーイ
しかし口を開くとクレイジーな発言がとまらない。
人を楽しませることが得意だが、近くに居たら時に無茶ぶりを食らうかも(笑)
ウイニングイレブンとモンストが得意。

 

まっちょ(須山 充)

ハング・神戸大学発達科学部

 

今年も健在PFCのムードメーカー。
別に喋ろうと思っているわけではないのに、勝手に口が動いてしまうらしい。
しかしやるべき時にはきっちりこなすマジメな面もある。

「寒いのだけはマジでカンベン.....ムニャムニャ(_ _).o○

 

もってぃ~(沖本 祐司)

パラ・大阪大学外国語学部

 

pfcパラ隊のドンといえばこの人っ!普段は大学で難解言語ペルシャ語を勉強中。ペルシャ語とはこんなやつだ....من یک مداد.( ;∀;)?

彼さえいれば石油王との取引もちょちょいのチョイっ!pfcには必須の存在だーー!

 

 

さきっちょ(伊藤 咲紀)

パラ・大阪大学文学部

 

おっとりしているが本人曰く「結構喋りたいタイプ」らしい。。
時折気遣いを見せたりもするが、分かりにくくて誤解されることを恐れてる。
お礼は本人に直接伝えてあげよう!
「キラキラした女子大生」を目指して下積み生活を送っている!

 

ピラフ(大川 和敏)

パラ・大阪大学工学部

 

同期会には毎回来るのになかなか飛びに来ず、結果レアキャラのような存在に。

基本ノリで動くタイプだが、連絡係を自ら引き受けたりと責任感も持ち合わせてる。
チャラそうにみえて実はそうでもない
()

実は「おかか」って呼んでほしかったらしいが、時すでに遅し。

 

 

6年目

だいすけ(高橋 知伸)

ハング・神戸大学農学部

 

苗字が高橋であるが故にこのあだ名がつけられ、
本人も気に入っている。もぐもぐ食べる彼の仕草は、
まるでハムスターみたい。

 

つだちゃん(津田 千晶)

ハング・大阪市立大学生活科学部

 

 まぁまぁそこそこ結構頼りになるお姉さま的千晶さま!ハングでは1年生のうちに上空1000mを飛んだこともある天才的な運と実力の持ち主であるが、砂丘では深く被ったフード+サングラスで不審者一歩手前である。好きなタイプは、長身で年上かつメガネの似合う、鍋にはきし麺派の男性だそうだが、そんな奴いるのだろうか・・・

 

7年目

よっしー(吉井 丈晴)

大阪大学工学部

 

サークル、勉強、恋愛だって、人間界のことは何でも知ってる空飛ぶインテリロマンチスト!以前までは完璧すぎてイジられ要素がなかった。そこで、イジられたいがために敢えて大学を首席で卒業したとかなんとか・・・彼の欠点を見つけたら、『えっ?首席のくせにできないんすか?』と言ってあげるのがサークル入部の必須条件だ!

アマテラス(天田 進也)

大阪大学工学部

 

早く高い空域を飛んでみたくて、むずむずしている。
考え深い人であり、物事を掘り下げて語りだすことが
たまにあるので、聞いてあげよう。
テントで寝ることに憧れる、アウトドアな一面も
2
年生からサークルを始めたので、サークルでは6年目。

 

8年目

だっち(安達 琢真)

大阪大学理学部

 

元部長。
ハングに対する熱意は人一倍強いです。
バイトの経験が豊富で、巧みな交渉術を習得されてます。
「ロジックとエビデンスに基づいて~」
助言をくださる頼もしい先輩です。

 

こーんなに楽しいメンバーに加えて、楽しいOBさんやインストラクターさん、鳥大生、社会人さんたちと一緒に活動しています!